工場で住み込みの仕事はきつい?実は費用面ではコスパ最高!


工場住み込みの実態とは?

工場によっては、寮完備で住み込みで働けると求人を出してることがあります。正直、住み込みで働くと私生活まで管理されているみたいで、住み込みで働きたくないと感じるかもしれません。しかし、住み込みのバイトは費用が安く、メリットが豊富なんです。今回は、工場で住み込みで働くことのお得な点と、デメリットを紹介します。

住み込みで働くときのお得な点、メリット

・寮完備だから貯金できる
一番優れている点は、やはり金銭面です。引っ越すだけでも費用が掛かるのに、アパートを借りるとなれば数万円を家賃として取られます。しかし、工場の寮や直属のアパートであれば、家賃がかからないため、短期間でかなり貯金できます。更に、食堂完備の寮もあり、中には数か月ごとに慰労金制度を設けていることも多く、働けば働くほどお金を貯められて、すぐにモチベーションアップにつながります。寮の近くに遊ぶ施設がなければ余計な外出を防げるため、余計なお金を使う機会がないので、簡単に節約できます。

・同僚を作りやすい、一体感が生まれる
基本は共同生活をするため、話す機会も多くコミュニケーションが弾みます。作業場が一緒であれば共通の話題ができるため、働きやすい環境が生まれます。また、住み込みであれば工場がすぐそばであるため、仕事の悩みをすぐに同僚や上司に相談できるというメリットもあります。

住み込みのデメリット

・仕事を辞めづらいときがある
基本的に作業内容が合わない、体力が持たないなど、これ以上働けないのであればいつでも辞めることはできますが、中には居残るよう説得されることもあります。別の配属先やライン作業を進められる、資格を取った方がいいなど助言されることもあるようです。しかし、この先働けるかどうかよく考えて、やはり辞めたいのなら、きっぱりと言うことが大事です。

・寮の規則に左右される
住み込みをする寮によりますが、規則が厳しいことがあります。例えば、食事や風呂、作業服を洗濯する時間が決まっている、食料を勝手に持ち込んではいけないなどさまざまです。理不尽なルールはないのですが、規則正しい生活に不慣れだと、暮らしにくいと感じるかもしれません。逆に、規則正しい生活が好きな人は時間がきちんと管理されているため、住み心地抜群です。

住み込みは短期間ですぐ稼げるというメリットがある!

住み込みで働くのは最初は緊張するかもしれませんが、設備の整った寮や激安の食堂など、サービスが充実しているので、住み込みで働くことで貯金ができて、さらに健康な状態で働くことができます。工場によって慰労金や食堂、サービス内容は違ってくるため、事前にしっかりと調べておくこと、面接のときに細かく聞いておくことが大事です。住み込みで働いて、しっかりと稼ぎましょう!

utエイムの求人情報なら