やりがいを感じられる?外資系企業に転職するメリットとデメリット


高収入を得るチャンスがある

外資系への期転職で得られるメリットの中でも、特に大きなポイントとして挙げられるのが収入アップです。外資系というと世界を相手にしていることで企業として安定感があるように感じられますが、日本という小さな島国の企業が海外でビジネスをするのは容易ではありません。特に新規参入の場合は新参者という形で見られてしまうため、短期間で目に見える成果を残すためにより優秀な人材が求められます。外資系は年功序列の意識が残っている国内企業とは異なり、キャリアに関係なく能力で評価されるため、転職後すぐに高収入を得ることも可能です。

仕事を通して異国の文化やビジネスを学べる

異国の文化を学べる点も外資系企業ならではのメリットの一つです。日系企業の場合には、日本国籍を中心に従業員を採用するケースが多いと言われています。それに対して世界を相手にビジネスを展開する外資系は、日本だけでなく様々な国籍の従業員がいるのが特徴です。海外に支社に勤務をするとなれば、ビジネスだけでなく生活をする上で必要となるその国の文化も学ばなければいけません。転職直後に海外赴任というケースはそれほど多くはありませんが、日本で勤務をしている間に従業員同士の交流で文化やビジネスについて学んでおけば、慌てることなくスムーズに適応することができます。

ワークライフバランスが取りやすい

決められた時間で働くことが基本とされる日系企業とは違って、能力や成果が重視される外資系企業は仕事のスタイルを個人のペースに任せるケースが多くあります。求められる成果を出すことができれば、自分の判断で時間よりも早く帰宅する、出社時間を遅くするといった行動が許されるという会社も少なくありません。家族と過ごす時間やプライベートを重視する人にとってこの点は大きなメリットと言えます。

外資系企業特有のデメリット

個人の能力や成果が収入に反映されるのが外資系ならではのメリットですが、逆に言えば成果を出すことができなければ収入が大きく下がることになります。優秀な人材を求める会社はこの点をシビアに判断するため、能力が一定の基準に満たないと判断されると雇用契約を打ち切られることもあるので注意が必要です。そのため、積極的にキャリアアップを図って自分を高めていくことが求められます。海外でビジネスを行う上で難しいとされるのがコミュニケーションの取り方です。日本人は元来相手を気遣い遠回しに表現を好む人種で、ハッキリと物を言うことを基本とする外国人にはストレスに感じることもあります。日系企業で長く勤めていた人の中にはこうした文化の違いに戸惑うケースも少なくありません。

外資のIT企業はIoTやAIなど技術革新への投資が盛んなため、日本企業では研究できないような最新テクノロジーに関わる仕事ができます。