大丈夫!?電話での面接で気をつけたいこと3つ


まずはマナーをしっかり!

電話面接では、電話を通した情報のみで、お互いの姿や表情は見えません。このため、音声でいかに好印象を与えるかが大切です。基本的な注意点として、電話面接を受けるときは、静かで周囲の影響を受けない場所を選びましょう。そして、最初にきちんとあいさつし、明るく元気にハキハキと受け答えすることを意識しましょう。面接の最後にも、時間を取ってもらったことに対するお礼やあいさつを忘れないようにしましょう。当たり前のことのようですが、面接する側にとっては、このような社会人としての基本的なマナーが身についているかどうかは重要なチェックポイントとなります。

自分の電話での受け答えというのは、なかなか自分では分からないものです。自分の声は相手にどのような印象を与えるのか、家族や友人に聞いてみたり、通話を録音して自分で聞いたみたりするのもよいかもしれませんね。

事前準備はしっかりと!

面接に臨むからには、準備を怠らないのは当然です。電話面接は直接向かい合って話す面接とは違い、面接中にメモを取ったり資料を身近に置いたりすることができるため、有効なツールを準備しましょう。筆記用具は必ず手元に置きます。会社のデータや想定される質問に対する答えなどは見やすいようにまとめ、すぐに手にとれるように準備をしておきましょう。パソコンやタブレットを立ち上げておくのもよいでしょう。次の面接の日時を打ち合わせることもあるので、自分のスケジュールもすぐに分かるようにしておきます。また、意外と忘れがちですが、自分が提出した履歴書や職務経歴書の内容も再度確認し、手元に置きましょう。面接官はそれらの内容を元に質問してきますので、やり取りもスムーズになります。

受け答えはなるべく簡潔に!

アピールしようと力が入るあまり、自分の主張を長々と話してはいけません。質問の趣旨を汲み取り、面接官が聞きたいことについて的確に回答しましょう。イエスかノーかで答えられる質問であれば、まずそれを答えます。そして、必要であればその理由や事情を簡潔につけ加えましょう。電話面接では視覚情報がない分、面接官にとって不要な音声情報は、通常の面接よりも長くムダに感じられてしまいます。キャリアを印象づけるつもりで前職での経験を細かく説明したり、自己アピールのつもりでモットーを主張し過ぎたりするのも、マイナスに受け取られる場合がありますので注意しましょう。

一方、面接官が「もう少し踏み込んで聞きたい」と感じて重ねて質問してきた事項については、自分の考えやキャリアなどをしっかりアピールして印象づけましょう。

資格が必要ない「保育補助」という仕事を知っていますか?保育士のサポートをする仕事で、無資格でも働けるため、資格がないけど保育関連の仕事探しをしている人におススメです。